お問い合わせ 会社見学会申込 メニュー
←サービス内容一覧に戻る

インナーブランディング型
「社内報」制作

何のために社内報を発行するのか?
それは、会社ごとの理念や風土により多種多様ですが、一般的には以下の3点に集約されます。
①経営理念、経営方針、企業文化などの共有、浸透
②共有すべき情報の周知
③社内コミュニケーションの活性化
私たちは、上記の目的を「社員」を通して伝えています。「人」にとことんフォーカスし、その人らしさを存分に引き出す。また、社員の経験を通して経営理念を浸透させる。そんなウィルの社内報は、全国の関係者の間では「ウィル系社内報」と呼ばれるまでに至っています。

ウィル社内報の全国コンテスト受賞歴

以下、全国社内報企画コンペティションは、
ウィズワークス株式会社主催

2016年10月 第15回全国社内報企画コンペティション

  • 表紙部門/シルバー賞
  • 特集・単発企画部門(7P以下)企画部門/ゴールド賞1位
  • 連載・常設部門/ゴールド賞3位
  • 連載・常設部門/ブロンズ賞
  • 社内報vol.63
  • 社内報vol.62

2015年3月 2014年度「経団連推薦社内報審査」

  • 特別賞(一般社団法人経団連事業サービス主催)

2015年10月 第14回全国社内報企画コンペティション

  • 表紙部門/ゴールド企画賞1位
  • 連載・常設部門/ゴールド企画賞1位
  • 連載・常設部門/シルバー企画賞
  • 特集・単発企画部門(1〜7P以下)企画部門/奨励賞
  • 社内報vol.60
  • 社内報vol.59

2014年10月 第13回全国社内報企画コンペティション

  • 特別部門/ゴールド企画賞1位
  • 表紙部門/ゴールド企画賞2位
  • 連載・常設部門/ゴールド企画賞4位
  • 特集・単発企画部門(1〜7P以下)企画部門/シルバー企画賞
  • 特集・単発企画部門(8P以上)企画部門/奨励賞
  • 社内報vol.57
  • 社内報vol.55

2013年10月 第12回全国社内誌企画コンペティション

  • 表紙部門/ゴールド企画賞1位
  • 連載・常設部門/ゴールド企画賞4位
  • 特集・単発企画部門(1〜7P以下)企画部門/ゴールド企画賞
  • 社内報vol.53
  • 社内報vol.51

2012年10月 第11回全国社内誌企画コンペティション

  • 表紙企画部門/ゴールド企画賞1位
  • 特集・単発企画部門(8P以下)/シルバー企画賞
  • 社内報vol.50
  • 社内報vol.48

2011年10月 第10回全国社内誌企画コンペティション

  • 連載・常設部門/ゴールド企画賞1、2位
  • 表紙部門/シルバー企画賞4位
  • 特集・単発企画部門(8P以上)企画部門/奨励賞
  • 特集・単発企画部門(2P以下)企画部門/奨励賞
  • 社内報vol.44
  • 社内報vol.43

2009年9月 第8回全国社内誌企画コンペティション

  • 表紙部門/ゴールド企画賞1位
  • コミュニケーション部門/奨励賞

2008年10月 第7回全国社内誌企画コンペティション

  • 表紙部門/ゴールド企画賞1位
  • コミュニケーション部門/ゴールド企画賞5位
  • 社内報vol.36
  • 社内報vol.35
WORKS制作実績(中ページ)

メディア掲載実績

朝日新聞(朝刊)

  • 2015年2月23日
  • 朝日新聞のシリーズ「へぇ な会社」に、掲載されました。

毎日新聞(朝刊)

  • 2014年11月18日
  • 毎日新聞のシリーズ「兵庫の会社 はい、広報です!」に、掲載されました。

月刊アミューズメントジャパン

  • 経営者の必読誌「月刊アミューズメントジャパン」の
  • 「特集/企業を活性化するツール 社内報」という企画にて紹介されました。
  • ・出版社:株式会社アミューズメント プレス ジャパン
  • ・出版年月:2014年3月

ウィル社内報の特徴

特徴
「人」にとことんフォーカスする。
なぜか?
読み手に会社理念や方針を「自分ごと」として捉えてもらうため。
効果
結果を出した社員を賞賛し、それまでの過程や人物像を掘り下げてドラマチックに
表現することで、それを読んだ社員が、自分もこうなりたいと思える、
または成功までの具体的手法を知ることができます。

よくあるのは、経営者の言葉をそのまま掲載するケース。しかし、そんなトップダウンの形ばかりでは、読み手は「自分ごと」と捉えるのは難しいのが実情だと思います。そこで私たちは、経営者ではなく社員の経験を通して会社理念を伝えています。そうすることで、各々が自身に落とし込みやすくし、社員一人ひとりによる組織強化を図っています。

FLOWサービスの流れ
STEP1

ヒアリング

社内報担当の方から、ご要望をお伺いします。
ご予算、発行スパン、掲載ボリュームなど打ち合わせさせていただき、
その上で、当社から御社の状況に合わせたご提案をいたします。

STEP2

コンセプト策定、企画・立案

「そもそも、なぜ社内報を発行するのか?」その目的を明確にした上で、
社内報担当の方のご意向を確認し、コンセプトを策定します。

STEP3

原稿依頼・取材・コピーライティング・撮影

掲載する社員の方のスケジュール調整をしていただきます。
メイン企画ではコピーライターが原稿作成いたします。

STEP4

レイアウト・デザイン

初回は、テイストの確認のため全体をイメージできるデザイン案を
提出します。

STEP5

ご確認・修正→完成

原稿やデザインをご確認いただき、修正指示を出していただきます。
OKであれば、印刷に入ります。

STEP6

効果測定

実施したコンサルティングが、クライアントにとって最適だったかどうか検証します。一過性のものではなく、クライアントのノウハウとして蓄積していただけるようにフィードバックさせていただきます。

←サービス内容一覧に戻る 「不動産売買仲介×リフォーム」コンサルティングを見る→ 反響重視のサイト制作&運用サポートを見る→ 「新卒採用」コンサルティング・ブランディングを見る→ その他クリエイティブ制作を見る→