会社案内 私たちのこと 問い合わせ 見積もり依頼
ウィルスタジオの電話番号 ウィルスタジオのブログ

インナーブランディング「社内報」

■ 株式会社ウィル 社内報「モーレツWILLs!」
↓矢印をクリックすると次の画像に移動します。


完読率100%!
全国コンテストで入賞を重ねる社内報

何のために社内報を発行するのか?
それは、会社ごとの理念や風土により多種多様ですが、一般的には、
・経営理念、経営方針、企業文化などの共有、浸透
・共有すべき情報の周知
・社内コミュニケーションの活性化

の3つに集約されます。

ウィルグループの社内報は、上記の目的を「人」を通して伝えています。「人」にとことんフォーカスし、その人らしさを存分に引き出す。また、従業員の経験を通して経営理念を浸透させる。そんなウィルの社内報は、全国の関係者の間では「ウィル系社内報」と呼ばれるまでに至っています。
私たちは、全社員が発行を心待ちにする完読率100%の社内報をつくっています。

御社の課題に則した社内報を制作します。
まずは、夢と課題をお聞かせください。

広報「部長、社内報を作りたいのですが、どう思われますか?」
部長「社内報?手間暇かかるだけや、あかん!」

某社の広報担当に聞いた実際の上司と部下の会話です。
確かに社内報発行には手間暇がかかります。
特に、読まれる社内報、良い社内報には、時間と労力とある程度の費用もかかります。
しかし、それに見合う結果は必ず出せます。
つまり、社内報は、経営課題を解決する一つの強力なツールとなり得るのです。
冒頭の部長さんは、それをお分かりではないですね。
きっと、読みたくなる社内報、発行が待ち遠しくなる社内報に出逢われたことがないからです。

「読みたくなる社内報、発行が待ち遠しくなる社内報なんて、できるの?」
できます!

御社の経営課題に沿って、さらに御社の風土や文化によってアプローチ方法を変えながら、
読まれる社内報、愛される社内報を共に作りませんか?
まずは、御社の夢と課題をお聞かせください。

■受賞履歴

社内報vol.61社内報vol.61 社内報vol.60社内報vol.60 社内報vol.54社内報vol.54 社内報vol.53社内報vol.53
2015年10月 第14回全国社内報企画コンペティション
 ●表紙部門 ゴールド企画賞1位
 ●連載・常設部門 ゴールド企画賞1位
 ●連載・常設部門 シルバー企画賞
 ●特集・単発企画部門(1〜7P以下)企画部門 奨励賞
(ウィズワークス株式会社主催)
2015年3月 2014年度「経団連推薦社内報審査」特別賞
(一般社団法人経団連事業サービス主催)
(以下、ウィズワークス株式会社主催)
2014年10月 第13回全国社内報企画コンペティション
 ●特別部門 ゴールド企画賞1位
 ●表紙部門 ゴールド企画賞2位
 ●連載・常設部門 ゴールド企画賞4位
 ●特集・単発企画部門(1〜7P以下)企画部門 シルバー企画賞
 ●特集・単発企画部門(8P以上)企画部門 奨励賞 受賞
2013年10月 第12回全国社内誌企画コンペティション
 ●表紙部門 ゴールド企画賞1位
 ●連載・常設部門 ゴールド企画賞4位
 ●特集・単発企画部門(1〜7P以下)企画部門 ゴールド企画賞9位
2012年10月 第11回全国社内誌企画コンペティション
 ●表紙企画部門 ゴールド企画賞1位
 ●特集・単発企画部門 8頁以下 シルバー企画賞21位 受賞
2011年10月 第10回全国社内誌企画コンペティション
 ●連載・常設部門 ゴールド企画賞1、2位
 ●表紙部門 シルバー企画賞4位
 ●特集・単発企画部門  8頁以上 企画部門 奨励賞
 ●特集・単発企画部門  2頁以下 企画部門 奨励賞 受賞
2010年 第9回全国社内誌企画コンペティション不参加
2009年09月 第8回全国社内誌企画コンペティション
 ●表紙部門 ゴールド企画賞1位
 ●コミュニケーション部門 奨励賞 受賞
2008年10月 第7回全国社内誌企画コンペティション
 ●表紙部門 ゴールド企画賞1位
 ●コミュニケーション部門 ゴールド企画賞5位 受賞